あの肉

2005年4月 1日 (金曜日)

あの肉……その後

この処、文房具に関してあれこれ情報収集が忙しく、ちょっとご無さたしていた『あの肉』情報ですが……。
買ってきました、アピタであの肉!!食べてみました、アピタのあの肉。

憧れの「あの肉」をあこがれの食べ方で……記念写真はおおいにピンボケですが;両手に持ってガブリと肉塊にかぶりつく。

アピタのあの肉は、生肉ではなくハムである。原料は豚のモモ肉を使っているとのことで、食感は力強く味は上等……。あの肉を作ったのは名古屋の肉の老舗「スギモト」で、その作りはしっかりしている。柔らかさが信条のロースハムを食べ慣れた身には、野性味満点で将に太古のロマンに迫れるものだ。

肉の量は300g、手に持つ骨は豚の大腿骨、いわゆるゲンコツにあたる部分で、思いのほか太く大きい。
肉は骨にしっかりくっついており、ガブリとやっても簡単に骨から取れることは無い。食べてる途中で骨から外れてポトリと落ちてしまう、そんな心配は全くないので安心してかぶりついて下さい。

とは言え、一挙に一人で300gを食べきるのはかなり至難の技……。私は、最初の一口を夢のかぶり付きにチャレンジした後、骨に付いた肉(ハム)を包丁で薄くスライスしながら食べた。先にも書いた通り、普段我々は薄くスライスされたロースハムを食べる機会が多いが、あの肉では薄くスライスされたハムとは全く違う食感が楽しめる。私は、大根の千切り、ブロッコリー・スプロアウト、水菜、ジャコにポン酢と大根おろしをかけた後あの肉のスライスを入れて全体を混ぜたサラダで食べてみたが、中々おいしかった。

欧米では骨付きハムというのはどうもポピュラーなものらしいが、日本では中々見かけない。その意味でも今回紹介したアピタのあの肉は希少な存在だと思う。是非とも皆さんにもお勧めしたい!!

続きを読む "あの肉……その後"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月22日 (火曜日)

あの肉……遂にアピタに登場!!

TAjimiYORIの総力取材の結果、なんと「あの肉」の全容が明らかになりつつあります。


続きを読む "あの肉……遂にアピタに登場!!"

| | トラックバック (0)

2005年3月15日 (火曜日)

あの肉……続き

「あの肉」はどうも骨付きハムのようですね。

続きを読む "あの肉……続き"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月11日 (金曜日)

あの肉

あと二週間ほどで、愛地球博……万博の開催だ。
今回の万博の目玉展示のひとつに、冷凍マンモスがある。で、マンモスといえば、原始、原始といえば……はじめ人間、そうギャートルズだろうな。
マンモスは長久手会場で展示されるらしいが、その長久手会場には、あのギャートルズをメインキャラにした展示会場もあるらしい。で、今回のテーマだけど……これからはうわさの話なので、信頼性は薄いけど。

その長久手に、はじめ人間ギャートルズでゴンやその家族が食べていた肉……通称、あの肉、を売り出す店があるらしい。

続きを読む "あの肉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)