« 2018年1月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月29日 (木曜日)

おばけつぶやき帳

先日お目にかかってお話した方が、急にお倒れになり今、病院の見守りのもとにおられる。
人が生き物である以上、命の尽きる時が来るのは周知のことながら、身近に起こるとあわてふためくこと。
如何にふだん怠惰にいいかげんに生きているかが知れようというもの。
この頃わかったこと。
1日なんとなく、だらだらと過ぎる日を重ねると、心がすさむ。またやってしまった、という後悔とあきらめと、情けなさのミックスの心は、灰色。
誰かのために何かのために命の時間を費やした、という日には満足感に満ちて眠れる。心の色はsunny。
いつ命の終わりを迎えるのかわからないのだから、毎日、心はsunnyで生きていきたい、とオバケは思う。

|

« 2018年1月 | トップページ | 2018年4月 »