« おばけつぶやき帳 | トップページ | おばけつぶやき帳 »

2016年9月21日 (水曜日)

おばけつぶやき帳

この頃せっせと作るもの。
毎日、食卓に供する即席味噌汁であります。
自家製即席味噌汁は味噌玉と申します。
家族の食事時間が各々ずれたり、単身赴任のひとり暮らしでありましたり、夏場に作りおきを煮返すのがはばかられたりする時に、重宝で安心なのであります。
味噌からとる塩分を控えめにすることもできます。
自作して感じたことは、味噌にこだわることになったこと。
味噌はその地方風土のもので、味わいがそれぞれであることを、改めて痛感。
全国で売られている300
円前後のお味噌は、いったい何処で、どんな材料でどのように作られているのか、無性に気になりだしたおばけであります。
まっとうな材料で、その土地の手法で、蒸され寝かされ、かえされて手をかけられたお味噌こそ、味噌玉にするにふさわしい!などと、あれこれ味噌をブレンドし、いりこの粉や鰹節の粉を混ぜ込み、12グラムをらっぷにのせ、カットわかめ、ふ、刻みネギなど加えて、きんちゃくに包み冷凍。
頂くときはお湯をさして、とかすのですが、そこに賽の目のお豆腐など加えても🆗。美味しいできたてのお味噌汁のできあがりは、至福の時を約束してくれまする
 
おばけ🌱

|

« おばけつぶやき帳 | トップページ | おばけつぶやき帳 »