« おばけつぶやき帳 | トップページ | おばけつぶやき帳 »

2016年6月19日 (日曜日)

おばけつぶやき帳

4月の熊本の地震から2ヶ月が経ちましたが、難儀は続いています。
友人に聞けば、地震保険に入っていたけれど、わずかな見舞金しかもらえないというケースもあり。
マンションの補修などとなると、費用は莫大になると推察します。
住宅だけでなく、熊本城や学校、寺社、工場、ともかく人間の作り出した地上の造作物から、地形、地中までが動いたのですから、どこから手をつければいいのか、自治体の困惑いかばかりや。
誰もが対岸の火事と見るのではなく、明日のわが身として様々な段取りや覚悟をしておくのが大事。
生きている間には、思いもかけないことが起こるのが常。無くしたものを哀しむことはないと思います。命が終わる時に残るのは、心だけですから。

|

« おばけつぶやき帳 | トップページ | おばけつぶやき帳 »