« おばけつぶやき帳 | トップページ | おばけつぶやき帳 »

2014年9月15日 (月曜日)

おばけつぶやき帳

少年老いやすく学成り難し、一寸の光陰軽んずべからず。
本当に光陰矢のごとしを、ひしひしと実感するこの頃です。
親の衰え、子供の成長。どれもとどまることなく、どんどん変化してゆきます。
それを、呆然と眺めているだけのオバケは、まったく阿呆に思えます。
なんだか悲しかったり、情けなかったり、ショックだったりする自分の心を眺めると利己的なものさしが透けて見えます。
人の一生に生老病死はついてまわるもので、それに心を乱すことなく、慌てることなく、淡々と笑顔と感謝をもって受け入れて生きる者に、私はなりたい…と思いながらも、やはりじたばたしているオバケは、まだまだ修行がたりませぬ。

|

« おばけつぶやき帳 | トップページ | おばけつぶやき帳 »