« おばけつぶやき帳 | トップページ | おばけつぶやき帳 »

2014年8月19日 (火曜日)

おばけつぶやき帳

胸部大動脈瘤という診断を受けた身内の手術から数週間。
回復しつつあり、安堵しています。東京の大学病院は新宿のヒルトンホテルの隣にタワーのようにそびえておりました。
大量出血ならば輸血がいるのでは…とA型のオバケは控えておりましたが、なんと年間に同じ病の手術を150例以上こなす大学病院の執刀医は、輸血なしで手術を終えられました。
輸血をしてはいけない…と、ものみの塔の信者さんらは、相当昔から輸血拒否でニュースを賑わせておりましたが、今では輸血に慎重論が常道のようです。
身内の体内に付け替えられた人工血管は半永久的な耐久性を備えているのだそうです。
人工血管を保持しているからといって、身体障害者の認定には該当しないことも知りました。
まだまだ働き盛りの身内にとり、このたびの手術が健やかな延命となりますように祈るおばけであります。

|

« おばけつぶやき帳 | トップページ | おばけつぶやき帳 »