« おばけつぶやき帳 | トップページ | おばけつぶやき帳 »

2014年6月24日 (火曜日)

おばけつぶやき帳

日本語は語尾がたいせつ…と義務教育の頃に習った記憶があります。
〜しました。
〜しています。
〜します。
など、人との会話では、語尾をしっかり聞かなければ、話が伝わらない言葉が日本語だと。

この頃気になるのは、会話の語尾。無意識のうちに語尾を伸ばしている自分に気づき、反省します。
例えば「ありがとうございます」「いらっしゃいませ」「わかりました」「はい」などの言葉の語尾を伸ばして言ってみると、なんとも言えない違和感があります。どこか軽い、ばかにしたニュアンスを含めた響きがあるようで、自分で口に出しながら、自己嫌悪になってしまいそう。
まるで、マックや居酒屋の商売上のセリフを相手に吐いてしまったような罪悪感。
日本語はごびが大切!!
語尾を伸ばさない!!
自戒するオバケでありまする。

|

« おばけつぶやき帳 | トップページ | おばけつぶやき帳 »