« おばけつぶやき帳 | トップページ | »

2014年5月14日 (水曜日)

おばけつぶやき帳

子ばなれできない親なのか、親にパラサイトしている子供もまたよろしからずや…というところなのか、はたまた、子供の自立をおそれているのか、自らを眺めております。また、長い春休みを実家で子供たちがたのしんでいれのか、もて余しているのかを観察してもみました。
結論…子供たちに母としてしてあげられることは、ご飯を作ることだけです。
子供たちは高度な学校教育を終え、これからは一生研究ないし技量の研鑽をそれぞれがやるべきです。
子供たちが、そばに居てくれるのは、楽しいけれど、今や親は子供たちの成長になんらプラスになりません。
子供たちの成長は、社会の中に出ていくことにより、初めて成長と創造、あらたな出会いにより学びが生じるであろうことが明らかです。
稲も苗代から水田に植え替えられ、より繁り豊かな実りをもたらしてくれますものね。
そして、子供が巣だっていき、ご飯作りから解放されたオバケは、庭の草刈りの合間に、進撃の巨人が何を言おうとする作品であるのか、見極めたいと読みすすめるのでありました。

|

« おばけつぶやき帳 | トップページ | »