« おばけつぶやき帳 | トップページ | おばけつぶやき帳 »

2014年2月16日 (日曜日)

おばけつぶやき帳

爆弾低気圧というのがたびたび日本列島を襲いましたが、今年の節分以降、大平洋側に大雪を降らせる低気圧が二度やってきました。
一方で北陸南越では、降雪少なく、屋根の雪降ろしどころか、屋根に雪もない冬となっています。
人々は、どうしたのだろう今年の雪は!?と晴れ渡る空を仰いでいます。
大雪が例年降らない関東甲信越に降り、千人、二千人と怪我人が出て、お気の毒です。交通事故も甚大。
たった十センチでも、道路はぐしゃぐしゃになりますが、毎年二メートル近い降雪の中に暮らすオバケには、大平洋がわの災難が、例年の逆転劇にも見えて、へんてこりんな気分です。

|

« おばけつぶやき帳 | トップページ | おばけつぶやき帳 »