« おばけつぶやき帳 | トップページ | おばけつぶやき帳 »

2014年1月19日 (日曜日)

おばけつぶやき帳

昨日からセンター試験が行われています。厳寒降雪の北陸でも、未明からブルドーザーが道を開け、ローカル線に早朝から受験生が乗り込み、生物の受験参考書を広げています。
離れた席に座る生徒がどちらも、細胞分裂のページに見いっているので、今から何十年か前の受験生であった頃と、出題傾向はあまりかわりないのかなと思います。
受験生には、正念場の昨日、今日かもしれません。が、受験やら何やらいろいろ挫折や喪失を繰り返してきた大人のおばかオバケにすれば、今日、受験生が自分の足で歩いて試験会場に行けるだけで、なんて幸せな人かしら…と思えます。
この世に生まれ、赤ちゃんだった子供たちが、じぶんの未来へ向かって、確実に着実に一歩進めようとする、輝かしい日ですもの。
自分の思い描いたように進めなくても、確実に時は過ぎ、万物は流転しています。
人間の生命力は、流転する時間と環境への対応力ではないかと思います。
成功に見えても失敗の危険をはらんでいる運命の罠!?ジェットコースター人生に耐えられそうにないならば、すべて流れにまかせ、楽しく泳ぐ努力の人生もよろし!!と思えるオバケです。
成功か失敗か…幸福か不幸かは、人と比べたり人に決めてもらうものではなく、自分で決めるものだからです。

|

« おばけつぶやき帳 | トップページ | おばけつぶやき帳 »