« おばけつぶやき帳 | トップページ | おばけつぶやき帳 »

2013年3月14日 (木曜日)

おばけつぶやき帳

心ここにあらず…という日々は誰にでもあります。平々凡々たる日常がくり返されていて、漫然と日が上っては起き、日が沈んでは寝る準備にかかる、いわゆる食っちゃ寝の日々。
また、心にかかる心配事がある時は、何を見ても聞いても、心配事が意識の大半を占めていて、他事に心が向けられず、心ここにあらず状態になります。心配事の白黒がつくまでは、祈りの時間の継続です。心配事が好転することを願う一方で、最悪時を想定し覚悟を固める時間でもあります。
事態は必ず動き、必ず終わりがあるもの。
悩んでも悩まなくても、終わりはやってきます。終わりの結末をどう迎えるか、結局、自己防衛のために、ダメージが一番少ない心境を創造するためのプロセスでもあります。
心ここにあらずの時間のあとは、どのような結末でも、安堵と反省と学びが必ず訪れるもの…のような…などと、冬眠から覚めつつあるおばけです。

|

« おばけつぶやき帳 | トップページ | おばけつぶやき帳 »