« おばけつぶやき帳 | トップページ | おばけつぶやき帳 »

2012年9月17日 (月曜日)

おばけつぶやき帳

8月25日の姫神さんの北陸放送でラジオ生放送された白山一里野音楽祭。白山奉納歌、光かける草原に抱かれて…の原曲を作詩作曲された鳥畠さんは、病院でお聴きになられたと聴きます。あまりお手伝いもしていないオバケでしたが、姫神さんのご希望で五分、詩を朗読させて頂きました。どんな壮大で美しい音楽でも、聞き続けると耳が疲れるそうな。お耳に優しい音声転換の五分ということで、告白という詩を作りました。
日本神話より古いと言われる、白山王朝の白山の女神さまへのお手紙…というモードで書いたもの。案の定、本番でかみました。いたしかたなし。
あき時間に、締め切り目前の歴史読み物、激戦、川中島!!の原稿を書きたかったけれど、まあなんとかなるでしょう。と楽観モードで、コンサートをしっかり体感。
その後、川中島はなんとか書きあがり、遅れていた明智光秀を9月にもつれこんで書きあげることができました。まだまだ、書かねばなりませんが、書く苦しみに生き甲斐を覚えて、下手なりに書いてさえいれば喜びに満ちていく自分がいます。次は源頼朝、北条政子の心にとびこみ猛然とダッシュのオバケであります。

|

« おばけつぶやき帳 | トップページ | おばけつぶやき帳 »