« おばけつぶやき帳 | トップページ | おばけつぶやき帳 »

2012年6月11日 (月曜日)

おばけつぶやき帳

水無月に入って、日常は平穏に推移しているけれど、離れた所に暮らす友人たちに、人生の変化が様々に訪れていて、電話で話をすることがたびたびです。家族との別れは、その家族との情感共有度の大きさにより、喪失感も大きくなります。人間が生きていく上で、苦労や苦難に感じるのは、変化に直面した時。変化に苦痛を覚えるのは、自己防衛と言えば聞こえはいいですが、多くは自分にとってマイナスになる、或いは損をするのを嫌う自分かわいさゆえではないか…と考えてしまう私です。それならば、変化を恐れぬ私になればいい。自分の身を惜しむことをやめてみよう。そうすれば、人生の道程にどのような変化が訪れても、苦労や苦痛は感じなくなるかもしれない、と考えているオバケです。

|

« おばけつぶやき帳 | トップページ | おばけつぶやき帳 »