« おばけつぶやき帳 | トップページ | 私のクラウド活用法 »

2011年4月18日 (月曜日)

おばけつぶやき帳

3月11日を境に、何も手につかずいます。テレビに釘付けが長いこと続き、大震災の被災された方々を間近に見ているそのままの状態で固定されたように、心が固まった感じというのでしょうか。残雪がなかなかとけぬなかで、やっと地面が見えてきて、桜がほころびてきたというのに、春の喜び、高揚感がまるでありません。
海岸に並ぶ福島の原発は冷える気配もいまだなく、毎日数時間ごとに起こる地震の警報に緊張をつのらせています。
幸いに釜石の親類はかろうじて無事でしたが、津波で暮らしは奪われました。今日もあたりまえに起きて、暮らせる無事平安は、感謝してもしきれないたくさんの恵みに取り巻かれてのこと。贅はもちろん、今の暮らしのみそぎ身削ぎが迫られることを喜んでのぞむところですが、今日も悲しみにしずむ方々を思えば、固まった心はほぐれそうもありません。樹木や草花は春の日を讃えていますが、無常にとりつかれたような自分のまま眺めるばかりです。

|

« おばけつぶやき帳 | トップページ | 私のクラウド活用法 »