« おばけつぶやき帳 | トップページ | おばけつぶやき帳 »

2011年1月16日 (日曜日)

おばけつぶやき帳

あまりにも寒いと、脳まで凍りついてしまう。
今年の冬のマイナス八度の朝に、それを体験した。思考停止の寒さ。北海道ならば、もっと低温でしばれるのだろうけれど、本州にいながら、おばけはこのザマである。
思考停止のまま、除雪に疲れてしまうと、心もいじけてしまう。わけもないのに腹が立つ。
そんな時には、ストーブの前で、わかしたてのお湯で入れた美味しい珈琲を飲み、スウィーツなどをいただいて、ファンタジーやのだめの漫画を読み、異世界に跳んでみるのが一番だ。いじけた心がほぐれて、元気が蘇ってくる。
降り続く雪は、毎日労働を与えてくれる。毎日50センチ、積もっていく雪の中でもがきつつ居るおばけは、今日もなんとか生きている。

|

« おばけつぶやき帳 | トップページ | おばけつぶやき帳 »