« 居心地のよい処@躑躅庵 | トップページ | おばけつぶやき帳 »

2010年8月14日 (土曜日)

おばけつぶやき帳

カンカン照りのあと台風がお盆前に日本海を過ぎたのは一昨日。お盆に入り、今日はお墓参りをと思っているけれど、午前5時現在豪雨。お供えにこしらえた団子が流されそうな勢いです。柿の葉っぱに白玉団子を2つのせて、ご先祖さまたちのお墓にひとつずつ供えるのがわが家の慣例。夜が明ける頃には、雨が止んで欲しいものです。
お盆なので怪談をひとつ。夏休みに入り遊び呆けていた男子学生が、暑さのせいか夜寝られないでいると、金縛りにあいました。そんな夜が二晩続いて、なんだか下宿で寝るのが怖くなり、友人の下宿にころがりこみました。そこで伊藤みみかという漫画家の「幽霊が見えるんです」というコミックを読んだ学生は、自分の下宿に悪しき霊が取り憑いたと確信し、知り合いの陰陽師に助けてくれと電話をかけました。陰陽師は水まわりの各所に盛り塩を指示し、翌日、サニワの助っ人を連れて、学生の下宿にお祓いに乗り込みます。「きれいですね。実に清い空気だ。悪しきものなどおりませんな」サニワさんが言います。陰陽師は学生の机の前の椅子を指差し「その椅子に白い袴をつけたおじいさんがおられる。そなた、このところ椅子に座って勉強しておらぬのではないか」陰陽師とサニワの出した結論は、夜毎眠れず金縛りになったのは、勉強をしない学生に、勉強せよとうながすご先祖の心配が働いた事象である!学生は学んでこそ学生。心配して下さるご先祖さまの有り難さをしみじ
み思い知り、心を入れ替え感謝をささげるお盆であります。

|

« 居心地のよい処@躑躅庵 | トップページ | おばけつぶやき帳 »