« 秋を目処に..... | トップページ | iPhone4 »

2010年7月13日 (火曜日)

おばけつぶやき帳

うちの子というと、昨今は人の子どもではなく、ペットの動物のことがある。人間の子どもと違って、ペットのわんちゃんはことに、しつけると吠えないし、ひたすら主人を慕ってくれて忠実な伴侶以上の存在にもなるようだ。それゆえに、ペットロスで、愛犬や愛猫が死んだ時には悲しみもひとしおになる。ペットとの愛別離苦の嵐が人の心を揺さぶる話をよく耳にする。悲しみの元になるならば、飼わなければよいし、愛さなければよいと眺めている人は思うけれど、人間は愛するものをそばに置かねば、どうやら生きていけない生き物のようだ。愛する対象は生物でも無生物でも創造物でもかまわない。愛する何かの為に生きている時間を費やすのが、働くということだろうか。ともかく、今日も私は生きて働かんとしている。

|

« 秋を目処に..... | トップページ | iPhone4 »