« いよいよ明日から…… | トップページ | ゆふデラックスのパノラマシートより »

2008年8月21日 (木曜日)

おばけつぶやき帳

自分の内に動く感情を常に注視していて、感じることがある。寛大さ、あるいは許し、といえる我ながら殊勝な心の生じる根源についてだ。私が 寛大さや許しを抱けるのは、二通りの場合がある。おそらく 多くの人々も賛意を持たれると思うが、一つは 自分が相手に対して、優越感を認めている時だ。これはつきつめていけば自分の傲りではないかと思い至って、躊躇が頭をもたげている。誰かを許すことは美しくはないのではないか。いま一つの場合。それは 相手が自分の尊敬する人である時。欠点さえも許せる。許しは自分より下か上かの問題か?

|

« いよいよ明日から…… | トップページ | ゆふデラックスのパノラマシートより »