« 問2:第2回 | トップページ | 問2:第3回 »

2008年6月16日 (月曜日)

おばけつぶやき帳

天災は忘れた頃にやって来るから、備えよ常に、ということを頭では分かっていても、日々実践している人間がどれだけいるだろう。東北内陸で起こった地震は、二十人もの善良に真面目に生きている方々の命を瞬時に奪った。秋葉原の通り魔にニュースが明けくれていた日々に、人の命の軽重を考えさせられている。地球上に生かされている一生物としての人間は、神の意志ひとつで絶滅するし、同じ種の内で殺しあえば神の意志に関係なく自らの愚かさゆえに人類は滅亡するだろう。孤独は人を狂わせる。それを暴走させれた人を人の法律は裁けるのか

|

« 問2:第2回 | トップページ | 問2:第3回 »