« おばけつぶやき帳 | トップページ | 第7回 手順5 »

2008年5月18日 (日曜日)

おばけつぶやき帳

田舎に暮らして良いことは、物に対する欲が無くなることだと思う。大都会でブランド品に群がる人々がいる。人は未知の人物を 見てくれで値踏みするから、私は裕福な暮らしをしている価値ある人間です、と無言で着る物や持ち物で主張するから たくさんの人間の動めく都会では、ブランド品は必須アイテムでありうるのだと思う。大自然の中、過疎で人も少なく、会うのは田畑で汗を流す隣人のみの暮らしには、ブランドなんぞは存在せず、必要もなく価値もない。宝石をジャラジャラつけたら、光りものは田舎では田んぼの雀よけにはなるだろう。

|

« おばけつぶやき帳 | トップページ | 第7回 手順5 »