« おばけつぶやき帳 | トップページ | 第3回 手順2 »

2008年5月 3日 (土曜日)

おばけつぶやき帳

一休さんのお軸の漢詩が解明できず 歯医者へ行けず二週間。助け舟は金沢の家人からの電話でありました。「あったよ。グンショルイジュウに 続狂雲集 最後から三つ目の詩」やれ うれしや。江戸時代の盲目の学者に手をあわせつつ、七言絶句を適当に読みくだし。いざ痛む歯を治療してもらわんと 老先生の所へ出陣。「これは深い」診断はかなりの掘削工事。それでも 痛みを取る方向への一歩に 麻酔の注射もなんのその。しびれた口のまま 茶人の奥様にお軸の解説をさせていただき、一件落着。群書類従のおかげさまをもちまして。m(__)m

|

« おばけつぶやき帳 | トップページ | 第3回 手順2 »