« 元旦 | トップページ | 環境問題 »

2008年1月 3日 (木曜日)

おばけつぶやき帳

山に暮らせば 宝石も流行の服も必要ない。と前に書いたが、人間社会に身分というものが発生し、その身分を周囲に明らかにするために 美しい衣服や宝飾類が用いられるようになったことは 古代より歴史に明らかである。今や 高価な衣装や宝飾品 ブランド品は 日本の大都会に行けば 多くの人々が身につけているが、それを持っていたところで 身分が高いわけではないし、品格の伴わない人間が身を飾るのは滑稽でさえある。けれど 知らない人間を判断するのは やはり舞台衣装ならぬそのいでたちであることも事実だ。衣装負けしない人を求めたい

|

« 元旦 | トップページ | 環境問題 »