« ”コピー用紙の裏は使うな” | トップページ | おばけつぶやき帳 »

2007年7月 6日 (金曜日)

おばけつぶやき帳

喜怒哀楽こそ人生劇場の妙味。とは言え、自分の日常の心の揺れはいつも平か、祝詞風に言えば たいらけくやすらけく、にありたい。あるがままに いかなる状況もよしと受け入れる器がなければ、そうはいかない。家族の病気、仕事の不調、心配は不意にやってきて 心を闇と畏れで満たす。そういう時にはまず、心を占拠した闇と畏れの正体を 見据えることだ。たいていの場合、これからどうなる?自分が困る?なぜ困る?と問をくり返すうちに 結局 自分かわいさで畏れを抱いていることが多い。我が身はおしくない。すべて引受けよう。それでよし

|

« ”コピー用紙の裏は使うな” | トップページ | おばけつぶやき帳 »