« 電子メールだけで仕事が進められるか…… | トップページ | ランレブ書類の日本語化 »

2006年12月 7日 (木曜日)

おばけつぶやき帳

修羅場にいる。霜月の晦日に届いた 師匠の手紙。昨年 依頼された児童小説 できたとこまですぐ送れ。師匠は4日から肺癌治療のために入院するからそれまでに、という命令書。雪が降って落葉掃除も休みと テレビなどまったり見ていた私は 震え上がった。書いてものらず書けないことすでに一年の作品。時間はたっぷりあったのに テーマがさだまらなかった。当然 まだ書けてない。師に電話し その声を聞いた瞬間に 心がさだまった。自分の書くことが決まった瞬間 書き出し どうやら十回分書いて師に昨日届けた。まだ40回分残っている。書くのみ

|

« 電子メールだけで仕事が進められるか…… | トップページ | ランレブ書類の日本語化 »