« へ〜そうなんだ…… | トップページ | 吉田桂二さんのホームページ »

2006年10月 5日 (木曜日)

久し振りに、ニシンソバ

今日のお昼は、久し振りに『鰊蕎麦』をたべました。場所は、多治見の本町、オリベストリートにある御そば屋さん。以前もここで紹介したことのある、雰囲気のあるお店です。

本当に久し振りの鰊蕎麦で、もう一年以上も食べていなかった。
鰊蕎麦を出すお店は、このところ少ないのか、滅多に出会わない。だから、そばを食べる機会、蕎麦屋に入る機会があっても、なかなか食べられないのだ。たまにお品書きに鰊蕎麦とあっても、鰊は自家製ではなくスーパーなどで売っている出来合いの鰊を蕎麦にのせたもの位が多い……。でも、今日のはちゃんとお店で鰊も煮ていたようだ。味はやや薄味の煮付け方で、そばのこれもやや薄めの味とよくあった。
珍しいと思ったのは、唐芥子と大根おろしを混ぜた、紅葉おろしが薬味として添えられていたこと。



その後は、もうすぐ終了してしまう、多治見創造館で開催中の似顔絵展に寄って、作品二点を購入してきた。手塚治虫とチャップリン。手塚治虫は近くでじっくり見たい作品で、チャップリンは遠くで眺めたい作品だ。

その後は、コーヒータイム;多治見創造館の近くにある路地をちょっとはいったところにある、喫茶ギャラリー;蔵を改装した中にあるお店で、カウンター席が秀逸の作りだ。
コーヒーはサイフォンで点ててくれ、カップも地元の陶芸家が作ったもので;やはりサイフォンで点てたてのコーヒーは美味しい。

バスで帰るべく、多治見駅までの帰り道を歩きながら思ったのは、ナゼか『ボロもちがたべて〜』……。

|

« へ〜そうなんだ…… | トップページ | 吉田桂二さんのホームページ »