« 今日のお散歩…… | トップページ | Runtime Revolution書類の日本語化…… »

2006年9月16日 (土曜日)

今日のランチ……

養生公民館にヤイリギター展を見に行く道すがら、とても気になるお店を見つけた。
お店といっても、全くお店らしくない。『味自慢 お好み焼き』『味自慢 みたらし』という幟(のぼり)が無ければ、まさかお店があるとは思えない、普通の民家なのだ。民家というくらいだから今風の住宅ではない。昭和三十年から四十年代まで主流であった木造建築の住宅である。

その民家がお好み焼き屋さんになっているのだ。で、帰りに寄ってみた……。

中に入ると、民家そのもの。六畳と八畳の床の間の続きの空間が客席になっている。なかには、七つほどの座卓がある。
メニュー、と言うよりお品書きといった方がよい、は「お好み焼き」「焼きそば」「だんご」と「かき氷」だけ;平日には「日替わり定食」もあるらしいが、今日は土曜日だったので……残念でした。

妻は「焼きそば」、私は「焼きそば」に「お好み焼き」を頼んだ。お好み焼きも焼きそばも、○○入り、等といったトッピングの違いはなく、「お好み焼き」と「焼きそば」だけ。これがなんともシンプルで気に入った。しかも、お好み焼きを頼んだときに「マヨネーズはどうされますか?」と尋ねられた。勿論「お好み焼きにマヨネーズは邪道」と考える私は、「マヨネーズは結構です」と……。こうした心遣いが更に気にってしまった。

「焼きそば」は、細麺でキャベツがざく切り、肉が少々、カツオ節と青のり……と言う昔ながらのソース味;「お好み焼き」は、目玉焼き風に卵がはいった、キャベツ・タップリのモチモチ・タイプ。どちらも食べやすく、美味しい。しかもこのお好み焼きは腹持ちが良い。

味もさることながら、ビックリするのはその値段で、焼きそばもお好み焼きもどちらも300円と言うお手ごろ価格;この味とこの量で300円とは、超お得!!

次のお休みには、多治見の養生公民館でヤイリギター展を見た後で、焼きそば、お好み焼き、だんご等というコースは如何でしょうか? 私の一押しです。

地図はこちら;多治見市役所からのものです。多治見駅からは、ゆっくり歩いて三十分ほどです。

001_3

|

« 今日のお散歩…… | トップページ | Runtime Revolution書類の日本語化…… »