« TadaNote・二号…… | トップページ | 万博も終わってしまいましたね…… »

2005年9月25日 (日曜日)

NHKスペシャル……

ベースがあっても『どうしたら買ってくれるのか』模索する企業と、ベースがないのに『どうしたら買ってくれるのか』と模索する企業……。同列に語るにはどうしても無理がある。

その結果、考えることを放棄した『更なる安売り』を指向する。
確かに、安ければ買う人もいるし、高くなければ買わない人もいる……。さて、どちらを顧客として取り込むのが得策か??

自分が安いものに価値を見出している人が商売をすれば、安いものしか売らないから、安いものしか売れない。高価なものの価値を見抜く目を持った人が商売をすれば、高いものも売ることが出来る。

恐らく、高いものを売ることの出来る企業の従業員は、安い賃金では働いていないのではないか?<仮説>

フォードは大量生産ラインによる車の販売を実行する折りに、自社の従業員でも買える価格の車を世の中に送り出すというコンセプトを持っていたと聴く;

さて『どうしたら買ってくれるのか』だが、買う理由を作ることしかないだろう。所謂動機付け……。
それには飽くなき企画の追求しかない!!  サ、大変だ〜

|

« TadaNote・二号…… | トップページ | 万博も終わってしまいましたね…… »